公益公益財団法人 浜名湖総合環境財団
 
トップページ
澪標 みをつくし
新着情報はこちら
当財団のご紹介
所在地・事業内容など
財団からのお願い
財団からのお願い
通行許可申請
届出・登録について
申請窓口
申請窓口のご紹介
公共マリーナ
公共マリーナのご案内
浜名湖の対策について
浜名湖の放置艇・係船対策
県条例の概要
係留保管に関する条例
係船保管の届出
届出書ダウンロード
財団・決算情報
役員名簿・決算内容等
リンク
関係・便利リンク一覧

ユーテラス

コデマリン

唐州崎

オレンジマリーナ

伊佐地川公共マリーナ

伊佐見公共マリーナ

浜名公共マリーナ

静岡県プレジャーボートの係留保管に関する条例の概要

1.条例の目的

(目的)

第1条

この条例は、プレジャーボートの係留保管の適正化等に関し、必要な事項を定めることにより、公共水域等の秩序の維持、県民の生活環境の保全及び海洋性レクリエーション活動の健全な発展に資することを目的とする。

2.条例の内容

 1.関係者の責務

・所有者(所有権、占有権、使用権を有する者)の責務:

プレジャーボートの適正利用と係留保管場所の確保及び適正管理


・県の責務

水域管理者、市町村等との連携を図り係留保管の適正化に関する総合的な施策の策定及び実施。

・事業者(製造、輸入、販売、保管を業とする者)の責務:

所有者への啓発、情報の提供。他必要な処置、県の施策への協力。

・市町村の責務:

県の施策とあいまって地域住民の生活環境に配慮した、プレジャーボートに関する施策の推進。

 2.届出・表示の義務

・対象者:

所有者等は、総トン数5トン未満の船舶を「指定区域」に係留・保管しようとする時は、氏名、名称及びその他規則で定める事項を知事に届け出すること。変更等の場合も速やかに届け出る。

・届出済証:

知事は、届け出た小型プレジャーボートに届出済証を交付し、船外から見やすい両船側に貼り付けを義務づける。

・届出済証の返納:

届出済み所有者等は、係留保管場所の指定区域外への変更、係留保管を終了した時は、速やかに当該届出済証を知事に返納しなければならない。

 3.利用推進調整会議及び総合的な推進計画の策定

この条例の目的を達成するために、公共水域等における利用者間の利用調整をはかり、プレジャーボートの適正な利用を円滑に推進するために、地域ごとに利用推進調整会議を設ける。
 知事は、必要に応じてプレジャーボートの適正な利用に関する総合的な推進計画を定める。

3.条例の施行時期

    1. 平成12年1月1日

    2. この条例施行の際、現に指定区域に小型プレジャーボートを係留保管している所有者は、平成12年6月30日までに届出事項を知事に届けなければならない。

4.その他

当条例の施行にともない「静岡県港湾管理条例」、「静岡県漁港管理条例」も一部改正された。


Copyright©2001 Hamanako Sogo Kankyo Zaidan. All right reserved.